フロントエンドエンジニアの高橋です。

バックアップ、してますか?

不正アクセスによる改ざんや、ヒューマンエラーによるトラブルなど、ちょっと修正するくらいでは元に戻せない状況に陥った時、バックアップデータがあれば以前の正常だった状態に戻すことができます。

静的なHTMLでできているウェブサイトであればFTPでそのままサーバーからダウンロードを行うことでバックアップすることができますが、WordPressはPHPとデータベースでほぼ構成されているので、単純にサーバーからダウンロードしてくるだけではバックアップを行うことはできません。またデータベースのバックアップには専用やツールや専門的な知識が必要になってきます。さらにその作業を定期的に行わなければならないと思うと心が折れます。

そんな手間を省き、専門的な知識やツールも不要、設定さえすれば自動で定期的にバックアップを行ってくれる素晴らしいプラグイン「BackWPup」の紹介です。

BackWPupとは

BackWPupとは

WordPressのバックアップを行うプラグインで、WordPressの定番プラグインです。設定によって定期的にバックアップを行ったり、データベースの最適化や修復まで行ってくれます。プラグインページはこちらです。

ただ復元はこちらのプラグインではできないので、phpMyAdminなどのツールが必要です。

インストール

管理画面からプラグインの新規追加がおすすめです。

設定

管理画面のメニューにBackWPupが追加されます。

設定ページでは、新規ジョブを追加してバックアップを行います。単純にバックアップを行うだけであれば、基本はデフォルトの設定であとは保存先を選ぶだけです。

ジョブ名はどういうバックアップなのか一目でわかるものにします。

その他の設定は必要に応じて変更します。

バックアップファイルの保存先

ジョブ毎にバックアップファイルの保存先を指定することができます。メールで送ることもできるそうですが、記事数が多いサイトは厳しいと思いますし、間違って外出先で受信したらパケ死です。無難に同一サーバーのフォルダ、もしくはFTPで別サーバーにバックアップを保存しましょう。

バックアップのタイミング

バックアップを行うタイミングは任意のタイミングで行うことができます。手動の場合は都度ユーザーによる操作が必要です。定期的なバックアップを行う場合はWordPressのcronなどを選択します。

下図はWordPressのcronを選択した場合のスケジューラーです。毎日でもいいんですが、更新がないと変更のない同じデータが蓄積されるだけなので、更新頻度によって変更することをお勧めします。ブログではない通常のサイトであれば毎週がよいかと。

フォルダーへバックアップするを選んだ場合

保存先をフォルダーにした場合、バックアップフォルダーの名前やバックアップファイルの保持数を設定することができます。デフォルトでもいいですが、わかりやすい名前に変更したり、サーバー容量に余裕があるのであれば保持数を増やすことも可能です。

定期的なバックアップを行うだけであればここまでの設定で完了です。

手動でバックアップ

すぐにバックアップを行いたい場合は、上記ジョブの設定で問題なければジョブ一覧から「今すぐ実行」で行うことができます。

バックアップにかかる時間はサイトの規模やサーバースペックに影響します。

バックアップファイルのダウンロード

バックアップファイルはBackWPupメニューの「バックアップ」から確認できます。ダウンロードもここから行います。

HTTPベーシック認証 (.htaccess)で保護されいてる場合

デフォルトの設定ではBasic認証で保護されているサイトをバックアップできません。BackWPupメニューの「設定」から「ネットワーク」を選択し、認証方法にBasic認証のユーザー名とパスワードを設定することでバックアップを行うことができます。