フロントエンドエンジニアの高橋です。

せっかくウェブサイトを作ったのにアクセスがまったくない!」「Googleの検索結果にも表示されない!」ということがよくあります。特に新規ドメインを取得して立ち上げたウェブサイトは、他の広告施策がないとほぼスタンドアローン状態と同じです。

そんなことがおきないようにするため、Googleなどの検索サイトへ「うちのウェブサイトはこういう構造ですよ」と教えてあげる必要があります。

それにはサイトマップxml(sitemap.xml)というものを作る必要があり、そのファイルも記事を増やしたり更新した場合には毎回サーバーへアップロードしなければならず、面倒です。

その面倒な作業を自動で行ってくれるのが今回紹介するプラグイン、「Google XML Sitemaps」です。

Google XML Sitemapsとは

Google XML Sitemapsとは

Googleなどの検索エンジンに向けて最適なサイトマップを作成してくれる素晴らしいプラグインです。プラグインページはこちらです。

先ほどもお伝えしたように、サイトマップは記事を公開したり更新を行った際に都度サーバーへアップロードし、情報を更新する必要があります。Google XML Sitemapsはその一連の作業をすべて自動で行ってくれます。

インストール

インストールは管理画面のプラグインの追加から行うのが早いです。もちろんFTP経由でもインストールできます。

インストール

似たような名前のプラグインが多いので、目的のものをインストールし、有効化します。

設定

管理画面の「設定」→「XML-Sitemap」から設定ページを開きます。

Your site is currently blocking search engines! Visit the Reading Settings to change this.

上記エラーが出たら「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックが入っている状態なので、チェックを外しましょう。

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

このチェックが入っていると、そもそもGoogleなどに表示されなくなってしまいます。

インストール直後はまだサイトマップを通知していません。知らせる為に記事を書いてくださいとありますが、既存の記事を更新するだけでもOKです。

基本的な設定などは特別な状況でない限り変更する必要はなく、記事を公開するか更新を行ってサイトマップをGoogleなどへ通知しましょう。

正しく通知されると上記のような表示になります。

作成されたサイトマップを確認

「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」にアクセスすると、Google XML Sitemapsが作成したサイトマップXMLを確認することができます。

漏れているページがないか確認しましょう。

カスタム投稿もサイトマップに含める

デフォルトの設定では、カスタム投稿はサイトマップに含まれない設定になっているため、カスタム投稿も含める場合は忘れずにチェックを行いましょう。カスタムタクソノミーも同じです。